青パパイヤ

彩の主役!沖縄の食卓を支える熱帯野菜

パパイヤは熱帯原産で、現在では沖縄各地で栽培されています。沖縄方言では、パパヤーといい、未熟果を野菜として食べます。昔からお乳の出を良くする効果があると言われ、授乳中のママたちはパパイヤをよく食べます。またパパイヤに含まれる酵素がお肉を柔らかくする効果があるとも。昔から沖縄の食卓には欠かせない存在です。

生産地 宮古島
西表島
おすすめの食べ方 パパヤイリチー
(千切りにしたパパイヤと豚肉、人参、にら等を炒めたものやパパイヤンブシー(豚肉等と炒めたもの))。
その他、インゲン、トマトなどの果菜類とあわせてサラダにも最適です。
出荷時期 通年

Contactお問い合わせ

TEL 098-857-0733電話受付:平日9:00〜18:00